世界のクルマをもっと知る

コンパクトカーを選ぶならフランス車がおすすめな理由

 

百花繚乱のコンパクトカーのなかでもひと際存在感を醸し出しているフランス車。ほかのどの国とも異なる個性あふれるデザインや、乗り込んだ時に分かる気持ちよさこそがフランス車の魅力です。そんなフランス車をおすすめしたい理由を紹介します。

 

 

 

■運転するのが楽しくなる快適さ


 

 

かつてフランス車の乗り味を「まるでフランスパンの上に座っているよう」と表現されたジャーナリストがいました。この表現は大げさかもしれませんが、確かにフランス車の乗り心地はほかの国の自動車と比べても圧倒的に柔らかいというのは事実でしょう。

 

石畳の多かったフランス国内を走る際、その小さな段差の連続が続く路面においては硬い乗り心地よりも柔らかな乗り心地の方が好まれていたというのがその理由かもしれません。

 

独特な乗り心地といえばもうひとつドイツ車が挙げられますが、フランス車と比較すると明らかに異なることが分かります。 同じドイツ車でもたとえばフォルクスワーゲンとBMWではサスペンションのストローク長の差によって乗り心地はずいぶん異なりますが、それでもドイツ車の乗り心地をひと言であらわすのであればロードホールディング性の高さが挙げられます。

 

路面の状況がドライバーに素直に伝わることでドライバーが安心して運転に集中できる一方、どうしても乗り味は硬くダイレクトになってしまいます。この引き締まった乗り心地を好きか嫌いかは別にしても、「ドイツ車らしい」と表現することができるのではないでしょうか。

 

それに対してフランス車の乗り心地はあくまでソフト。足まわりの味付けをサスペンションで決定するのではなく、ブッシュなども含めて総合的にセッティングしているため、結果的に乗り心地がよいとされています。

 

また実際に車内に乗り込んでみるとフロントウィンドウやサイドウィンドウの面積が大きく、一部のフランス車が天井に大きなグラスルーフを備えることで開放感を演出し、快適なドライブを約束してくれます。

 

これもまたフランス車の乗り心地の良さの要因といえるでしょう。フランスのコンパクトカーといえばシトロエンC3やプジョー208、また最近新しく誕生したDSブランドのDS3クロスバックなどが挙げられますが、いずれも車内が明るく開放的で日常の運転さえも楽しい気持ちにさせてくれます。

 

 

 

■フランスらしい個性あふれるデザイン


 

 

地味なデザインやベーシックなカラーリングが多いコンパクトカーの中でも、ひと際目を惹くのがフランス生まれのコンパクトカー。その大きな要因になっているのがなんといっても個性的なデザインです。 特に最近のシトロエンではそれが顕著で、まさに唯一無二の存在感を放っています。

 

現行型のC3は2014年にC4ピカソがお披露目したシャープな顔つきに、C4カクタスが採用したエアバンプをボディサイドに取り付け、ほかのコンパクトカーにはない個性を生み出しています。

 

さらにパステルカラーのような色合いをはじめとする7色のボディカラーに3種類のルーフカラーを組み合わせるというコーディネートで、まるでファッションアイテムのようにクルマを自分好みにセレクトすることができるのです。 同じボディカラーでもフランス車の場合は発色が美しく、時にフランス人でしか表現できないようなニュアンスカラーも多数ラインナップ。

 

C3の場合、アーモンドグリーンという薄いグリーンやサーブルというニュアンスがかったグレージュがあり、ルーフカラーにはブランオパールというホワイトやノアールオニキスといったブラックカラーが用意されています。

 

またルノー トゥインゴにはヴェールピスタッシュというペールトーンのグリーンやブルードラジェといったスカイブルーがあり、これらの色もフランス車特有の発色ということができるでしょう。

 

 

 

■欧州車とは思えないバリューフォーマネーの高さ


 

 

一般的に輸入車といえば、車両価格が高いというイメージがあります。最近では昔よりもずいぶんリーズナブルになってきましたが、それでも輸入車はまだまだ高根の花といった印象を持たれる方も少なからずいらっしゃると思います。 しかしことフランス車に限ってはその方程式は当てはまりません。

 

日本に輸入される多くのフランス車は日本車と比較しても決して「お高い」といったイメージはなく、むしろほかのライバル欧州車に比べるとリーズナブルといえるのではないでしょうか。

 

実際に日本に輸入される欧州車の場合、多くのモデルはオプション装備を満載したハイスペックなものがラインナップされていて、ヨーロッパ本国では設定されているボトムグレードが輸入されず、日本に輸入される車両はハイグレード版に数多くのオプション装備を満載した高額なモデルが販売されていることがしばしば見受けられます。

 

その一方でフランス車の場合、ベーシックグレードもきちんと輸入され、さらに必要最低限のオプション装備が絞り込まれていることが多いため、日本国内でも割高感を感じることがありません。

 

実際にシトロエンC3は、新車価格のボトムグレードのフィールが2,261,000円、プジョー208スタイルが2,027,000円(MT)、さらにルノー トゥインゴEDCに至っては1,986,000円となっています。この価格帯ながらも各モデルにはそれぞれ個性があり、走り味と快適性を備え、さらに所有欲さえも十分に満たしてくれるのがフレンチコンパクトの魅力なのです。

 

クルマのことをまるで家族の一員のように想い、大切に扱いたいと願うクルマ好きにとって、所有欲を満たしてくれるというのは欠かすことのできない条件のひとつです。それは趣味グルマだけでなく日常シーンで乗る機会の多いコンパクトカーでも同じこと。そんなコンパクトカーの選択肢として、フレンチコンパクトはさまざまな点からおすすめできるのではないでしょうか。