世界のクルマをもっと知る

トリプルコラボによる夢の饗宴!世界でいちばん豪華なキャンピングカー「ブラバスV250マルコポーロ」とは?

※画像はイメージです

 

便利な機能をもつキャンピングカーに、さらなる快適性と走行性能を追求した究極の1台が登場しました。スリーポインテッドスターの代わりにBのエンブレムを掲げ、見た目からして速そうなブラバスV250マルコポーロキャンピングカーの正体について迫ります。

 

 

 

ベース車両について

 

メルセデス・ベンツをベースに、エンジンや足まわりなどをチューンナップしたコンプリートカーの製作で知られるBRABUS(ブラバス)。

1977年にドイツ北西部の街ボトロップで設立された、ドイツを代表する名チューナーです。W126と呼ばれるSクラスをベースにしたコンプリートカーを皮切りにさまざまなモデルを製作し、5代目Sクラス(W221)をベースにした「S-B8(V8)」や「S-T13(V12ビターボ)」、ゲレンデヴァーゲンをベースにした「G-B8(V8)」や「G-K8(V8コンプレッサー)」などが有名です。

 

そんなドイツの名門チューナーであるブラバスが手を加えたという、モンスター級のキャンピングカーが登場しました。3代目Vクラスをキャンピングカー仕様にした「マルコポーロ」というシリーズにブラバスのチューニングを施したもので、全長5,140mm×全幅1,928mm×全高1,980mmという大きさを活かした快適なキャンピングカーに仕上がっています。

 

 

 

キャンパー装備はウエストファリアが担当

 

見た目からは想像もできないほど快適な仕様を持つブラバスV250マルコポーロキャンピングカー。

その車内は折りたたみリアシートによって生み出されるダブルベッドルームのほかに、ウエストファリア製のポップアップルーフによって2階部分にもダブルベッドルームが生まれるという快適な空間を実現し、大人4名が足を伸ばして眠れるスペースを確保しています。このウエストファリアとはVWタイプ2のキャンピングカーで一躍有名になったコーチビルダーで、かつてはメルセデス・ベンツの傘下にもなっていたことのあるメーカー。

ポップアップルーフをはじめ、キャンピングカー向けの架装を得意としています。

 

ほかにもキャンピングカー向けの快適装備は満載で、フロントシートをくるっと回転させればリアシートと対面4座式にすることができ、その間には折りたたみ式テーブルを装備、その隣には2口ガスコンロにシンク、さらには冷蔵庫や食器棚までを備えています。さらに屋外で使用するシャワーやテーブル&チェアも装備されており、キャンプ場で必要なアイテムを丸ごと搭載しています。

 

 

 

極上な走りを約束するブラバスチューン

 

ウエストファリア製のポップアップルーフを備えながらも全長を2m以下にすることで、高さを気にせずさまざまな場所へと移動することが可能できまするメルセデス・ベンツのキャンピングカー。

ブラバスがチューンアップを担当しているため走りの面でも納得のゆく仕上がりを実現しています。心臓部には2.2L 直4ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力は235PSを発生。フルタイム4WDで、悪路や冬道でも安定した走行を約束します。

 

重量物を載せたまま坂道をぐんぐんと登っていく力強さ、スムーズに加速できるトルクフルなエンジン、ラフロードでも快適に過ごせる安定性。キャンピングカーということを忘れてしまうほどのドライバビリティーを生み出すのも、ブラバスによるチューンならではといえるでしょう。

 

 

メルセデス ベンツによるキャンピングカーにウエストファリアがさらなる手を加え、走りの面ではブラバスによって磨き上げられた究極の1台。3社による夢のコラボレーションによって、走りも機能も見た目も満足できるキャンピングカーが完成しました。