世界のクルマをもっと知る

ボルボ V40 D4インスクリプション試乗インプレ

 

クリーンで先進的な印象のスカンジナビアンデザインを採用した内外装に、クリーンディーゼルターボを含む合計4種類のパワートレインを用意したボルボのエントリーモデルがV40です。今回試乗したのは、2.0Lディーゼルターボエンジンを搭載したD4インスクリプションです。

 

 

 

■LEDヘッドライトにトールハンマーを採用

 

 

2013年に日本導入が開始されたボルボV40は、欧州Cセグメントに区分される5ドアモデルですが、全長4,370mm×全幅1,800mm×全高1,440mmのボディサイズは、VWゴルフよりも全長が100mmほど長いショートワゴンのシルエットを持っています。2016年7月にマイナーチェンジを行い、現在の内外装となりました。

 

外観の基本は、2013年導入のV40のラインを踏襲しながら、LEDヘッドライトにトールハンマーと呼ばれる新世代ボルボのデザインアイコンを採用したことがトピックです。ホイールは、インスクリプション専用の17インチ、フロントグリルも専用品です。

 

インテリアは、本革シートを採用した豪華仕様で、試乗車にはブロンドと呼ばれるシート&インテリアに、黒いルーフライニングをあわせたもの。随所に採用されているメッキパーツや、シートなどに施されたステッチなどには、職人技が注ぎ込まれています。

 

センターパネルにはフローティングデザインが採用され、スカンジナビアンデザインの機能性を感じることができます。

 

 

 

 

■2.0L直列4気筒ディーゼルターボを搭載

 

 

D4インスクリプションのエンジンは、小型のターボチャージャーと高出力を発生する大型のターボチャージャーの2つを組み合わせた2.0L直列4気筒ディーゼルターボです。

 

燃料噴射装置には、正確な吐出量とタイミングを実現するi-ARTという技術を採用し、燃費の向上と世界最高水準のクリーンな排気ガスの実現に役立てています。

 

そのスペックは、最高出力こそ140kW(190ps)/4,250rpmと標準的なものですが、最大トルクは400Nmを1,750〜2,500rpmで発生。ダイナミックな走りとJC08モードで20.0km/Lという低燃費を両立しました。

 

組み合わされるトランスミッションは、変速動作のなめらかな8速ギアトロニック付きATで、効率良くかつパワフルな走りを可能としています。

 

 

 

 

■路面からの不快な入力はほとんどない

 

 

V40のサスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式を採用。D4インスクリプションには、225/45R17というワイドなタイヤを装着していますが、路面からの不快な入力はほとんどありません。また、FF車でこれだけ大径のタイヤを装着しているにも関わらず、最小回転半径は5.5mと取り回しやすいことも見逃せません。

 

 

V40 D4 インスクリプションは、本革シートを採用した豪華な内装と、低回転から最大400Nmというトルクを発生し、スムーズな加速と優れた燃費性能を両立したクリーンディーゼルエンジンによる走りの性能。さらに同じクラスのなかでは広いスペースを確保したラゲッジや、インテリセーフと呼ばれる充実した先進安全運転支援システム、さらにデザインや質感など、ライバルを差し置いて選ぶ価値が十分にある1台といえるでしょう。