世界のクルマをもっと知る

ミドシップはなぜスポーツカーに適しているのか

クルマには、さまざまな駆動方式があります。

 

日本ではFFか4WDが一般的ですが、他にもFR(フロントエンジン・後輪駆動)、MR(ミドシップエンジン・後輪駆動)、RR(リアエンジン・後輪駆動)といったレイアウトも存在します。

 

そのなかのミドシップレイアウトは、なぜスーパーカーやレーシングカーによく採用されるのでしょうか?

 

 

■ミドシップレイアウトはどんな性質を持っている?


 

 

クルマに関して言うところのミドシップは、”ミドシップレイアウトエンジン”を単に短く言ったもので、エンジンの搭載位置のことを指しています。

 

ミドエンジンと呼ばれることもあります。

 

ほとんどのクルマは、前方ボンネット内にエンジンが収まっているのでフロントエンジン、それで前輪を駆動するのであれば「フロントエンジン・フロントドライブ(FF)」、後輪を駆動するなら「フロントエンジン・リアドライブ(FR)」となるわけです。

 

クルマを設計する際、エンジンのように大きくて重たいものをどこに配置するのかは重要な要素です。

 

一般的な乗用車の場合、スペース効率をまず優先させ、ほとんどの場合、エンジンは車体前方、車軸の上かそれより前に置かれます。

 

そのほうが室内空間をより広く取れるからです。

 

そのため、現在はほろんどのクルマがFFを採用するようになりました。

 

ところが重量物をクルマの前方に寄せると、動力性能に影響が出てきます。

 

クルマの中心から重量物が離れていると、「慣性モーメント」が大きくなり、旋回しにくくなってしまうからです。

 

そのため重量物は、なるべく車体の中心に近い位置に配置したほうが、旋回性には有利なのです。

 

ミドは”中央の”とか”中間の”という意味で、前輪と後輪の軸のあいだにエンジンを搭載する方式になります。

 

ミドシップというと、乗員スペースの後ろにエンジンを搭載したものをイメージする方がほとんどかと思います。

 

実際フォーミュラカーは、皆そうなっています。

 

そのため、ミドシップはスポーツカーやレーシングカーなど、スペース効率よりも運動性能を重視するモデルによく採用されます。

 

ただし前輪の車軸と後輪の車軸の内側に配置されていれば、それはミドシップであり、エンジンが乗員より前方に置かれているものの、前軸よりも後ろの車体中央に近い場所にエンジンをレイアウトする「フロント・ミッドシップ」もあり、乗員スペースを残したいけど運動性能も上げたい、というよくばりなモデルでしばしば採用されています。

 

 

■レースの世界でも使用されるレイアウト


 

 

レーシングカー、特にフォーミュラカーではミッドシップレイアウトが常識となっています。

 

もともとはフロントエンジンが主流でしたが、1960年ごろから結果を残したマシンのほとんどをミドシップが占めるようになり、その有効性が認められ、ミドシップが主流になります。

 

そのいっぽうで、市販スポーツカーで採用されることが多いフロント・ミッドシップは、FRのフェラーリやコルベットで採用されています。

 

ちなみに、国内のスーパーGTレースのクラス1では、マシンをFRレイアウトにすることが求められています。

 

そのため、ほとんどのマシンはもともと市販モデルでFRレイアウトを採用していますが、エンジンの搭載位置をなるべく中心に配置し、フロントミッドシップのレイアウトになるよう工夫されています。

 

また、2020年モデルのホンダ NSX-GTですが、もともと市販車では車体後方にエンジンを置くレイアウトであるのに、規定に合わせためフロントミドシップにエンジンを搭載するFR方式に変更し、マシンを作っています。

 

 

■代表的な車種


 

フェラーリ 458イタリア

 

数々のミドシップモデルがあるイタリアのスーパーカー、フェラーリの近年の成功作としられる、458イタリア。

 

2009年にデビューし4.5LV型8気筒エンジンを搭載し最高出力540kW(570PS)のエンジンを搭載し、0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は325km/hとのことです。

 

 

ロータス エリーゼ

 

イギリスの軽量スポーツカーといえば、ロータス。

 

その中でも1995年から販売されるロングモデルで、現在では、トヨタ製のエンジンが搭載されています。

 

 

アウディ R8 クーペ

 

R8は5.2L V10エンジンをミドシップに搭載したアウディのスーパーカーです。

 

広大なリアのグラスエリアのなかには、まるでショーケースのようにV10エンジンが美しく収められています。

 

 

ポルシェ ケイマン

 

ケイマンは、2.0L 水平対向ターボエンジンをミドシップに搭載したスポーツカーです。

 

同社のフラッグシップモデルである911は伝統的にRR(リアエンジン・後輪駆動)方式を採用しており、ケイマンと911では搭載位置が異なります。

 

 

ランボ ルギーニ アヴェンタドールS

 

ランボルギーニのフラッグシップモデルがアヴェンタドールSです。

 

近年では希少なV12エンジンをミドシップに搭載し、プッシュロッド式フロント・サスペンション、磁気レオロジー・リアサスペンション、全輪駆動システムなど革新的なドライビング・ダイナミクスによる圧倒的なパフォーマンスが魅力です。

 

ミドシップレイアウトは乗員スペースやラゲッジ容量が犠牲にはなりますが、スポーツモデルの運動性能向上には適した方式です。

 

とはいえ最近では技術が向上し、エンジンの軽量化や、スペース効率の高い設計が行われるようになってきたことで、FFやFRでも運動性能の高いスポーツカーを作ることができるようになってきました。

 

それでもやっぱりミドシップという響きには、憧れを抱いてしまいます。

 

 

最新の在庫情報を見る≫