世界のクルマをもっと知る

ルノーのスポーツモデル「ルノー・スポール」とは?

 

フランスを代表する自動車ブランドであるルノー、そのスポーツモデルには「ルノー・スポール」というエンブレムが与えられます。

 

このルノー・スポールとは一体どのような存在なのか?

 

今回はルノー・スポールの歴史や特徴について紹介していきます。

 

 

■ルノー・スポールはルノーのモータースポーツ部門


 

 

一言で言えばルノー・スポールは、ルノーのモータースポーツ部門のことを指します。

 

そのため日本では、ルノーの既存のモデルをチューナップするメーカーワークスチューニングブランドというイメージを持つ方が多いかもしれませんが、F1やラリーをはじめとするルノーのレース活動も担当している部門なのです。

 

 

■2つのモータースポーツ集団がルノーの下に集結


 

 

現在のルノーの原点であるルノー・フレール社が設立されたのは1899年のこと。

 

そんなルノーは、最も歴史のある自動車メーカーの1つとしてよく取り上げられます。

 

ルノーは自動車黎明期とも言える、設立して間もない1900年代初頭からモータースポーツ活動を積極的に行ってきました。

 

しかし、ルノー・スポールがルノーのモータースポーツ部門として設立されたのは1976年と、割と最近の出来事なのです。

 

ルノー・スポールの設立には、フランスを拠点とするゴルディーニとアルピーニという2つの集団が大きく関係しています。

 

まずルノーと関係を深めたのはゴルディーニでした。

 

1937年に設立されたゴルディーニは、当時存在していたシムカという自動車メーカーと提携し、ルマン24時間レースやF1などで活動していました。

 

しかし、1956年からはルノーと提携を開始、以降数々のモデルを作り出し、1960年代に入るとラリーやヒルクライムレースでこの2社のタッグは大活躍を見せました。

 

そして1969年にゴルディーニはルノーの傘下に入ることとなります。

 

アルピーヌは1955年にレーシングドライバーであったジャン・レデレの手によって設立されます。

 

こちらはルノーの市販モデルを改良し、より高性能なレースバージョンを製作するなどし、活動をしていました。

 

ルマン24時間レースやサーキットレースで活躍を見せていましたが、何より代表的なのは、A110というモデルによるラリーでの活躍でした。

 

軽量コンパクトでRRレイアウトを採用していたこのモデルは、ラリーの世界で大活躍を見せ、1973年には世界ラリー選手権の初代チャンピオンに輝きました。

 

1973年にルノー傘下に入りルノー・アルピーヌとなりますが、その後もアルピーヌブランドからスポーツモデルを世に送り出しています。

 

 

■モータースポーツ界にターボ旋風を巻き起こす


 

 

ゴルディーニとアルピーヌというフランスを代表する2つのモータースポーツ集団が一緒になり、ルノー・スポールは1976年に誕生しました。

 

以降、サーキットやラリー様々なシーンで活躍を見せ、1978年にルマン24時間で優勝、1979年にF1で初勝利と輝かしい歴史を刻んでいきます。

 

そしてルノー・スポールがモータースポーツ界に大きな影響を与えた技術があります。

 

それはターボエンジンです。1977年にF1に初めてターボエンジンを投入したルノー・スポールは、1978年にターボエンジンを用いてルマン24時間レースで勝利、1979年にはF1で勝利しており、これはF1マシン初のターボエンジン搭載車の勝利となっています。

 

その後ターボエンジンはF1マシンでのトレンドとなっていくのですが、それはルノー・スポールが無ければ、実現しなかった歴史かもしれません。

 

 

■市販車にもルノー・スポールの名が与えられるまでに


 

こうしてモータースポーツ界で輝かしい活躍の歴史を誇るルノー・スポールですが、その情熱は市販モデルにも息づいています。

 

ルノー・スポールの名前が冠された初の市販車であるルノー・スポール・スパイダーは1996年に登場しました。

 

2シーターのオープンボディであるこのモデルは、ルノーの既存モデルをチューニングしたのではなく、2020年現在ルノー・スポール最初で最後のオリジナルボディモデルなのが大きな特徴です。

 

その後ルーテシアやメガーヌをベースに、ルノー・スポールの略称であるR.S.を冠したホットハッチを次々に登場させ、今日のルノー・スポールモデルたちへと続いています。

 

 

■ルノーの血統を最も体現したルノー・スポールモデル


 

 

ルノーと聞くとフランスの大衆車というイメージを持つ方も多いかもしれません。

 

しかし、創業初期からモータースポーツ活動に力を注いできた、レース好きなメーカーなのです。

 

そんなルノーが送り出す、ルノー・スポール=R.S.のバッチが冠されたモデルは、最もルノーの血統が現れたモデルであるという見方もできるでしょう。

 

モータースポーツからフィードバックされたホットハッチが欲しい方はぜひルノー・スポールのモデルを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

ルノーの中古車情報を見てみる