世界のクルマをもっと知る

機能性と気品を兼ね備えたランドローバー歴史とは?

 

高いオフロード走破性と、気品を兼ね備えたモデルをラインアップしているのがランドローバーブランドです。

 

イギリスを代表するオフロードブランドとも言えますが、どのようにして現在のポジションとブランドイメージを確立したのか?

 

その歴史に迫っていきます。

 

 

■始まりはランドローバーという名前のクルマから


 

 

ランドローバーという名前が世に出たのは1948年のことです。

 

アムステルダムモーターショーにて「ランドローバー シリーズⅠ」を初披露します。

 

その名前にもある通り、イギリスの自動車メーカーローバー社がオフロード向けに開発した車両がこのモデルでした。

 

現在の高級感あふれるランドローバーとは異なり、軍用車チックで屋根もなくワイルドな印象です。

 

このモデルが販売され、ランドローバーの歴史をスタートさせることとなります。

 

その後1953年にはシリーズⅠのロングホイールベース版を発表、1958年にはシリーズⅡを発表するなど進化を遂げていきます。

 

このシリーズⅠは発表された当時としては珍しく、ボディパネルにアルミを用いていました。

 

結果サビに強く耐久性が高いモデルとなりました。

 

そのような利点を買われ、イギリス陸軍で採用されたほか、農業などでも使われました。

 

 

■クロスオーバーSUVの先駆者レンジローバー


 

 

そして1970年に現在でもラインアップしているレンジローバーを発表します。

 

レンジローバーはそれまでのシリーズⅠやシリーズⅡと異なり、高いオフロード走破性を確保しながら実用性そして高級感を兼ね備えており、現代のランドローバーのブランドイメージを作り上げたモデルと言えるでしょう。

 

当初は3ドアモデルのみが登場しましたが、1981年には4ドアモデルが登場し、そのラインアップと需要を拡大していき、ランドローバーブランドの成長に貢献したモデルと言って間違い無いでしょう。

 

このように様々な性能を兼ね備えたレンジローバーは、現在世界各国の自動車ブランドが参入している、高級クロスオーバーSUVの先駆けだったと言えます。

 

これを可能にしたのがフルタイム4WDシステムの採用です。

 

シリーズⅠやシリーズⅡで採用していた古典的なパートタイム4WDに比べて、静寂性やオンロードでの快適性に優れます。

 

それでいながら十分なオフロード性能を有していたのが、レンジローバー成功のポイントでしょう。

 

 

■ランドローバーシリーズの血統


 

 

ランドローバーを作り上げたモデルであるランドローバーシリーズはⅢまで進化を遂げていきます。

 

1983年の改良にあたり、ランドローバーシリーズのナンバリングをやめ、ランドローバー90/110/127とホイールベースによって名称が異なるようになります。

 

そしてこのランドローバーシリーズの血統を引き継ぐモデルは、1990年に「ディフェンダー」とモデル名を改めます。

 

なお、ディフェンダーにモデル名を改めた後も「ディフェンダー90」などとホイールベースを表記する形は変化ありませんでした。

 

ちなみにこのホイールベースの単位はインチとなっています。

 

 

■各社を渡り歩く


 

 

第3のモデルとして1989年にディスカバリーをラインアップするなど、モデル展開などを広げていくランドローバーでしたが、決して順風満帆という訳ではありませんでした。

 

そもそもローバーグループの一員であったランドローバーですが、ローバーグループは1988年に航空機メーカーであるブリティッシュエアロスペースに買収され、これにランドローバーブランドもついていく形になります。

 

しかしながら1994年にローバーグループはドイツのBMWに買収されます。

 

そしてここで大きな転換期を迎えました。

 

ローバーグループからランドローバーは切り離されることとなります。

 

結果、2000年にBMWはローバーグループを売却する際に、ミニブランドは手元に残しますが、そのほかは手放します。

 

こうしてランドローバーはフォードが所有するプレミアム・オートモーティブ(PAG)に統合されます。

 

ここには同郷のジャガーやアストンマーティンのほか、ボルボなどが属していました。

 

 

■現代のランドローバーブランド


 

 

しかし、2008年にリーマンショックが起こるとフォードは窮地に立たされます。

 

そこで再びランドローバーはPAGグループの他のブランドと共に売却されることとなります。

 

結果、ジャガーと共にインドのタタモータースに買収され、現在に至ります。

 

しかしながら、そのブランド力は健在で、タタモータース傘下になってから勢いは衰えるどころか、年々エネルギッシュになっていく様子さえ感じさせます。

 

今後どのようにランドローバーは歩みを進めていくのか?

 

未来が楽しみなブランドと言えるでしょう。

 

 

ランドローバーの中古車情報を見てみる