世界のクルマをもっと知る

【最先端技術を搭載】メルセデス・ベンツ5代目Eクラス(W213)セダンを解説

 

1984年、ミディアムクラスの名で登場し、のちに改名したEクラスは、メルセデス・ベンツの主軸ポジションであり、その中核を担っています。

 

常に時代の先端技術を搭載する高級車でありながら、本国ではタクシーにも採用され実用性を兼ね備えるEクラス。

 

現行モデル5代目W213を徹底解説してみましょう。

 

 

■5代目Eクラス(W213)の歴史|他社をリードした先進・安全運転技術


 

 

メルセデス・ベンツ 5代目Eクラス(W213)は、2016年にモデルライフをスタートし、2020年のマイナーチェンジを境に前期型・後期型に分かれます。

 

5代目Eクラスは「未来型Eクラス」として、先進・安全運転支援技術が格段に進歩したのが特長です。

 

その技術は、前期型では車線変更アシスト機能などを含むドライブパイロットがメインとなり、後期型では安全運転支援に加え、高度な自動音声認識システムMBUXをはじめとする先端技術をメインとした他メーカーの一歩先を行くものです。

 

デザインでは、メルセデス・ベンツの最新デザイン思想であるセンシュアル・ピュリティ(官能的純粋)が採用され、前期型では先代より洗練さを増し、後期型ではシャープでスポーティな印象へと表情を一変させました。

 

パワートレインでは、5代目誕生当初は、ガソリンモデルとディーゼルモデルのみだったラインアップは、その後Eクラス初のプラグインハイブリッドモデルが登場し、ガソリンのみならず、国内では唯一となるクリーンディーゼルとプラグインハイブリッドシステムの組み合わせも実現させています。

 

さらに、新技術BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)に48V電気システム搭載のいわゆるマイルドハイブリッドシステム登場をはじめ、電動化により効率化を高めたマイルドハイブリッドシステム技術ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)も登場するなど、実用性の面でも大きく飛躍を果たしました。

 

 

■5代目Eクラス(W213)のエクステリア|シャープでダイナミックに一新


 

 

2020年、後期型へとマイナーチェンジした5代目Eクラス(W213)は、セダンでありながらクーペを思わせるフォルムで、前期型に比べシャープでダイナミックな新デザインへと一新されました。

 

フロントでは、ヘッドランプは上下が薄く、サイドにいくにしたがって切れ上がるデザインとなり、グリルは最新世代デザインとなる下部を広めとした台形型に、クローム仕上げのダイヤモンドグリルを採用、バンパー下部の両サイドには2本のフィンが配されます。

 

 

サイドでは、長めにとられたボンネットから緩やかに傾斜するルーフライン、そしてテールエンドへと続く無駄のないスタイルが、シャープでスポーティな印象を際立たせています。

 

 

リアでは、両サイドに向かって幅広となる横長の2分割型リアコンビネーションランプを、新デザインとして採用し、ワイドなボディとダイナミックさがリアビューでも強調されました。

 

5代目Eクラス(W213)は、現在ベースグレードでBSGマイルドハイブリッド搭載のE200 スポーツとE200 4マチック スポーツ、排気量アップのE300 スポーツ、ディーゼルのE220d スポーツ、プラグインハイブリッドのE350e スポーツ、ディーゼル+プラグインハイブリッドのE350de スポーツ、ISGマイルドハイブリッド搭載で上級グレードのE450 4マチック エクスクルーシブ、AMGモデルでトップグレード E53 マチック+がラインアップしています。

 

ボディサイズは、ベースグレードのE200スポーツで、全長4,940mm×全幅1,850mm×全高1,455mmとなっていて、ホイールベースは2,940mmと、堂々としたサイズ感となっています。

 

 

■5代目Eクラス(W213)のインテリア|中核にふさわしい上質空間


 

 

5代目Eクラス(W213)のインテリア(内装)は、メルセデス・ベンツの中核であり主軸ポジションにふさわしい上質空間となっていて、フラッグシップSクラスに劣らないクオリティの高さが特長です。

 

コックピットは、12.3インチの大型ワイドスクリーン2画面が横一列に配置され、ナビ、速度計、タコメーター、車両状況などが視線の移動を極力抑えて、把握することが可能です。

 

後期型では、新開発の3本のツインスポーク・ステアリングホイールが採用され、ナビやメーターパネルの設定操作、安全運転支援システムの設定操作などが、手を離すことなく行え、さらにその性能は、従来のトルク感応式からリム静電容量式センサーとすることで、検知の精度が増しました。

 

さらに、ナビでは、日本販売の乗用車として初となるAR(拡張現実)システムを採用し、目的地への経路を従来の地図画像だけでなく、実際の前面景色を画面の一部に映し出し、直観的に判断できるようにしています。

 

 

シートは、E200シリーズとE220d スポーツが人工皮革ARTICO(アルティコ)にファブリック、E300とE350シリーズが人工皮革アルティコにスエード調DINAMICA(ディナミカ)、E450 4マチック エクスクルーシブとAMGモデルで高級皮革ナッパレザーの採用となりました。

 

 

■5代目Eクラス(W213)のパワートレイン|バラエティ豊かな選択肢を用意


 

 

5代目Eクラス(W213)のパワートレインでは、E200 スポーツとE200 4マチック スポーツに1.5L 直列4気筒ターボM264型に48VマイルドハイブリッドシステムBSGが搭載され、駆動方式はFR(後輪駆動)/4WD、トランスミッションは9速ATが組み合わされます。

 

最高出力は135kW(184PS)/5,800~6,100rpm、最大トルクは280Nm(28.6kgm)/3,000〜4,000rpmを達成するとともに、BSGは加速時や始動時に最大トルク160Nm(16.3kgm)のエンジンアシストを行います。

 

E220d スポーツは、2.0L 直列4気筒ディーゼルターボOM654型が搭載され、駆動方式はFR、トランスミッションは9速ATの組み合わせとなり、最高出力は143kW(194PS)/3,800rpm、最大トルクは400Nm(40.8kgm)/1,600〜2,800rpmを達成します。

 

E300 スポーツは、2.0L 直列4気筒ターボM264M20型を搭載、駆動方式はFR、トランスミッションは9速ATが組み合わされ、最高出力は190kW(258PS)/5,800~6,100rpm、最大トルクは370Nm(37.7kgm)/1,800〜4,000rpmとしています。

 

また、5代目からあらたに追加されたプラグインハイブリッドモデルは、ガソリンベースがE350eスポーツ、ディーゼルベースがE350deスポーツとしてラインアップ。

 

E350e スポーツには、2.0L 直列4気筒ターボM274型にモーターを搭載し、駆動方式はFR、トランスミッションは9速ATを組み合わせ、最高出力155kW(211PS)/5,500rpmに、モーターの最高出力90kW(122PS)が加わり、システム総合最高出力は235kW(320PS)を達成します。

 

最大トルクは350Nm(35.7kgm)/1,600〜4,000rpmです。

 

一方、E350de スポーツには、2.0L 直列4気筒ディーゼルターボOM654型にモーターを搭載し、駆動方式はFR、トランスミッションは9速ATを組み合わせ、最高出力143kW(194PS)/3,800rpmに、モーターの最高出力90kW(122PS)が加わり、システム総合最高出力は225kW(306PS)を達成します。

 

最大トルクは400Nm(40.6kgm)/1,600〜2,800rpmです。

 

上級グレードE450 4マチック エクスクルーシブには、3.0L 直列6気筒ターボM256型に、高効率マイルドハイブリッドシステムISGを搭載し、駆動方式は4WD、トランスミッションは9速ATが組み合わされました。

 

エンジン単体の最高出力、270kW(367PS)/5,500~6,100rpmに加え、モーターの最高出力16kW(22PS)により、効率の良い力強い加速を実現します。

 

最大トルクは500Nm(51.0kgm)/1,600〜4,500rpmです。

 

さらに、AMGではE53 4マチック+がラインアップされ、3.0L 直列6気筒ターボM256型にISGと電動スーパーチャージャーを搭載し、駆動方式は4WD、トランスミッションは9速ATを組み合わせ、最高出力は320kW(435PS)/6,100rpmに加え、ISGと電動スーパーチャージャーによる俊敏なエンジンレスポンスを実現しています。

 

最大トルクは520Nm(53.0kgm)/1,800〜5,800rpmです。

 

 

■5代目Eクラス(W213)の先進・安全性能|他メーカーも追随するAI技術


 

 

5代目Eクラス(W213)の安全運転支援システムは、レーダーセーフティパッケージを中心に、全車に標準装備されます。

 

機能の内容は、右折時の対向車衝突被害を自動ブレーキで軽減するアクティブブレーキアシスト、障害物を検知し誤発進を抑制するドライブアウェイアシスト、ステアリングに手を添えるだけで、前方車との距離を保ち減速・加速・車線キープを行うアクティブディスタンスアシスト・ディストロニック、ウィンカー操作のみで移動したい車線へ車線変更をアシストするアクティブレーンチェンジングアシスト、車道横断中の歩行者との衝突を回避するとともに、走行車線に戻れるようステアリングをアシストする緊急回避補助システムなど、非常に高機能であるのが特長です。

 

また、後期型で採用された高度なAIによる学習機能をもつMBUXは、他社に先駆けた先進技術と言えるでしょう。

 

同機能は「ヘイ、メルセデス」で起動する対話型インフォテインメントシステムで、音楽選択やナビ目的地入力、メッセージ入力に加え、エアコン操作や照明操作なども音声認識により手を触れることなく行うことが可能です。

 

 

■5代目Eクラス(W213)は、昔も今も時代の先端を行く!


 

メルセデス・ベンツ Eクラスは、誕生から現在にいたるまで、どのモデルでも時代の先端技術を搭載し話題をさらい、他メーカーの一歩先を行く存在です。

 

新車価格ではなかなか手の出せないグレードでも、中古車なら手の届く範囲もあり!ぜひチェックしてみましょう。

 

 

Eクラスの中古車情報を見てみる