世界のクルマをもっと知る

【フィアット 500のチューンモデル】アバルト 595を解説

 

若きエンスージアストから惜しまれつつ販売終了となったアバルト 初代595。

 

その名が復活したのは2013年で、新生アバルト 595は誕生以来、待ちわびたファンから厚い支持を受けるホットハッチです。

 

愛情を込めて「イカレタ小さなクルマ」とも呼ばれるアバルト 595の魅力とは何か、その詳細をご紹介しましょう。

 

 

■アバルト 595概要|小排気スポーツの代名詞が現代に復活!


 

 

アバルト 595の名が初登場したのは、今から50年以上も前となる1963年、1957年製フィアット 500(チンクエチェント)をベースに、チューニング・メーカーであるアバルトが、排気量を594ccにまで拡大し、ハイチューンを施したのが始まりです。

 

同モデルは、アバルトの象徴サソリマークと、マルミッタ・アバルト(アバルト専用マフラー)以外、見かけは殆ど500と変わらないものの、いざ走り出すや最高速120km/hに達することから、たちまち話題となり、ホットハッチの代名詞として、世界中から支持を受けることとなります。

 

そんなアバルト・ブランドがフィアット傘下で復活したのは2007年、当初は500のチューンモデルとして誕生したアバルト 500を皮切りとし、2013年に誕生したハイチューンモデルをきっかけに、モデル名は伝統のアバルト 595に統一されました。

 

同モデルは、2013年にモデルライフをスタートし、2017年のマイナーチェンジ実施により、バンパーなどを変更しアグレッシブに変貌、現在にいたっています。

 

アバルト 595の現在のラインアップは、ベースグレードの595、出力アップの595 TURISMO(ツーリズモ)、ツーリズモのカブリオレバージョンで、ソフトトップとなる595C TURISMO、トップグレードの595 COMPETIZIONE(コンペティツィオーネ)の、4グレードとなっています。

 

 

■アバルト 595のエクステリア|特徴的なエアインテークはまるでレース車


 

 

ベースとなったフィアット 500が、丸みを帯びたキュートな印象であるのに対し、アバルト 595のエクステリア(外装)は、各部に専用エアロパーツを備え、見た目からも走行性能の高さを感じさせているのが特長です。

 

フロントでは、バンパーに大ぶりのエアインテークを装備、内部にはワンメイク・レース仕様車アセットコルサをインスパイアし、ABARTH(アバルト)の浮き文字があしらわれています。

 

サイドでは、500よりインチアップされた大径タイヤにサイドスカート、リアでは、バンパーにディフューザー一体型が採用され、随所でモータースポーツを意識したデザインとなりました。

 

ボディサイズは、全車で全長3,660mm×全幅1,625mm×全高1,505mm、ホイールベースは2,300mmとしています。

 

グレードによる装備の違いは、ベースグレードが16インチ8スポークアルミホイールを装備、595 ツーリズモシリーズでは、17インチ10スポークアルミホイール、ボディ同色リップスポイラーが採用され、リアにツーリズモ・エンブレムが入ります。

 

トップグレードの595 コンペティツィオーネでは、フロントにレッドのブレンボ製4ポッド・ブレーキキャリパー、17インチ16スポークアルミホイール、4本出しマフラーを採用、リップスポイラーやエンブレム類はガンメタ仕上げとなり、ABARTHサイド・デカール、リアにコンペティツィオーネ・エンブレムが装備されました。

 

ボディカラーでは、ベースグレードがグレー、レッド、ホワイトの3種類、595 ツーリズモがグレー系2色と、ホワイトの3種類、595C ツーリズモがグレー系2色と、ホワイト、ブラック/ホワイトの2トーンの4種類、595 コンペティツィオーネがグレー系2色と、ホワイト、イエロー、ブラックの5種類が選択可能となっています。

 

 

■アバルト 595のインテリア|スポーティにアバルトらしさを演出


 

 

アバルト 595のインテリア(内装)は、500のカラフルさは継承しながら、随所にアバルトらしいスポーティな仕上がりとしているのが特長です。

 

コックピットは、単眼のデジタルメータークラスター、サイドにはターボブースター(過給圧計)を設置、マイナーチェンジで一新されたスポーティなステアリングホイールに、スポーツペダル、アルミキックプレート、スタイリッシュなシフトノブが採用されています。

 

また、7インチ・タッチパネル式ディスプレイを備えたインフォテインメント・システムUconnectも装備され、Apple CarPlay、Android Autoに対応するなど、スマートフォンとの連携もスムーズとなりました。

 

シートは、立体的でホールド性抜群の、一体型スポーツシートを採用。

 

グレードによる装備の違いは、ベースグレードではシートがファブリック、エアコンがマニュアル・エアコンとなり、ツーリズモシリーズではシートはレザーシート、エアコンはフルオートエアコンが採用されました。

 

トップグレードのコンペティツィオーネでは、シートやメーターフードに高級皮革のアルカンターラが採用されるほか、シフトノブはアルミ製、シフトアップインジケーターを装備し、エアコンはフルオートエアコンとなっています。

 

 

■アバルト 595の走行性能|これぞピッコロ・スポーツのアバルトイズム


 

 

アバルト 595は、軽いクルマのチューニングを熟知したアバルトらしく、小さいながらも加速力のあるアグレッシブな走行フィールに仕上げられているのが特長です。

 

エンジンは、全車で1.4L 直列4気筒DOHC 16バルブ インタークーラー付きターボとなっていますが、エンジン型式はグレードによって違い、ベースグレードでは312B4、ツーリズモシリーズでは312B3、コンペティツィオーネでは312A3としています。

 

駆動方式は、全車でFFとし、トランスミッションは、ベースグレードで5速MT、ツーリズモシリーズでATモード付き5速シーケンシャル、コンペティツィオーネでは5速MT/ATモード付き5速シーケンシャルが選択可能となりました。

 

足回りでは、ツーリズモシリーズとコンペティツィオーネには、ハイパフォーマンスコイルスプリングと、ダンパーにはKONI(コニ)製機械式可変FSD(ツーリズモシリーズはリアのみ)が採用されています。

 

また、全車でボタン操作により、走行モードの切り替えが可能で、好みに応じてノーマルモード、スポーツモードを選ぶことが可能です。

 

さらに、エンジン音にもこだわり、トップグレードのコンペティツィオーネでは、サーキットを彷彿とさせる高性能エキゾースト・システムのレコードモンツァが採用されました。

 

ベースグレードの最高出力は、107kW(145PS)/5,500rpm、最大トルクは180Nm(18.4kgm)/2,000rpmに達します。

 

ツーリズモシリーズでは、最高出力が121kW(165PS)/5,500rpm、最大トルクが210Nm(21.4kgm)/2,000rpmを達成。

 

コンペティツィオーネでは、最高出力は132kW(180PS)/5,500rpm、最大トルクは230Nm(23.5kgm)/2,000rpmとなり、コンパクト・スポーツの実力をいかんなく発揮しています。

 

WLTCモード燃費は、ベースグレードが14.1km/L、ツーリズモシリーズが13.4km/L、コンペティツィオーネが5速MTで14.2km/L、ATモード付き5速シーケンシャルで13.2km/Lとなりました。

 

 

■アバルト 595の安全性能|「止まる・曲がる」の基本を重視


 

 

アバルト 595の安全性能は、他メーカーにあるようなアシストを中心とする先進技術ではなく、走る楽しさを実現するために、「止まる・曲がる」を高度に実施する技術が中心となっているのが特長です。

 

その内容は全車共通で、急ブレーキ作動時のタイヤロックを回避し、電子制御でブレーキ圧を調整するアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)には、前後・左右の各車輪の最適な制動力を自動的に配分するエレクトロニック・ブレーキフォース・ディストリビューター(EBD)付きとしています。

 

電子制御により横滑りなどを回避し、トラクションを高める車両安定制御装置であるエレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)には、駆動輪の空転を自動制御するアンチスリップ レギュレーション(ASR)、緊急ブレーキ制動に際し、ブレーキ踏力が少ない場合にはブレーキ制動力を自動的に高めるハイドローリック ブレーキ アシスト(HBA)、シフト操作に合わせエンジンブレーキトルクを自動制御するモーター シュレップ レグルング(MSR)、坂道発進アシストのヒルホールドシステム(HHS)が備わりました。

 

 

■現代のピッコロ・モンスター「アバルト 595」は乗る価値あり!


 

 

かつて、アバルトによるコンパクトなチューンカーは、その強さからピッコロ・モンスターと呼ばれ、熱狂的支持を受けました。

 

こうして見てみると現行アバルト 595も、まさにその呼び名にふさわしい仕上がりです。

 

ぜひチェックしてみましょう。

 

 

595の中古車情報を見てみる